ケーキ作りのコツ(5〜8):8皿

更にここでは、管理人のケーキ作りのコツ残り4皿を紹介しましょう。
有効活用してください(*ノノ)

ケーキ作りのコツ5皿目:粉の混ぜ方は入れた後が勝負

粉が少ないスポンジケーキ等はすくうように底から大きく混ぜましょう!
泡立て器を持ち上げ、中の生地がすっかり落ちてから次の生地をすくうようにしましょう。

粉気が多いパイ等の場合は、ゴムベラや木ベラで混ぜ始めは線を引くように切るイメージで混ぜていきます。
ボウルを回転させ繰り返し切り混ぜていき、粉っぽさがなくなってきたらへラの面を使って
生地を押し当てるようにして、なじませ(混ぜ)ていきましょう。

ケーキ作りのコツ6皿目:ナッツ類はローストすることを忘れずに

ケーキに風味を出す為に生地に混ぜ込むナッツ類は、オーブンでローストしてあげましょう。
ケーキに風味をつける目的なのだから、効果をあげて何ぼです♪

歯ざわりの目的で、刻んで使う場合もローストし、ナッツ類が十分に冷めてから刻みましょう。

ケーキ作りのコツ7皿目:型や天板には忘れずにオーブンペーパーを

焼きあがった後にケーキが型や天板にくっついて側面や底がぼろぼろなのは悲しくなります。
綺麗で可愛いケーキの為にも、オーブンペーパーは忘れずに使用してください!
洗い物の手間も少しはかるくなりますよん♪

ケーキ作りのコツ8皿目:高めの温度設定でオーブンは使いましょう

生地等ををオーブンに入れる為には、どうやっても扉を開けた状態で作業することになっちゃいますよね。
絶対的に、焼き始めの温度が低くなってしまうという事になっちゃいます。
ケーキを上手に焼き上げるには、最初に高めの温度焼かないといけないのです。

上記の理由から、ケーキを上手に焼くには扉の開け閉めは最低限にするのは当たり前で、
更に温度設定を高めにしてオーブンを使おうってことです。

注目サイト

キレイモ 予約・店舗情報・口コミ・効果のまとめ

最終更新日:2017/7/31